虫穴があっても美味しくて安全な無農薬野菜

無農薬野菜は虫による食害を受けやすいものですが、それだけ安全性が高いことも意味しています。農薬をたっぷりと使って野菜を育てる場合には、虫や鳥も食べないような品質となりますから、人間が食べても危険であることになります。

無農薬野菜を育てるためには大変な手間がかかるために、一般的な野菜よりも高価になります。しかしながら、値段が割高でも購入したいと思う人が多いため、需要は増える一方となっています。値段が高くても買い取ってくれる消費者や販売業者がいるため、農家にとっても作りやすい環境となっています。

一昔前であれば、キャベツなどの葉物野菜に穴が開いているだけでも敬遠されることがありました。ところが最近では無農薬野菜に対する認知度が高まったおかげで、虫穴があったほうが美味しくて安全であるという知識が広まりました。見た目が悪いだけで野菜を買わない時代はすでに終わりを迎えています。賢い消費者が増えたことは、日本の食文化にとっても良いことです。

無農薬野菜の宅配